site_make

htmlとは

2015-01-24

htmlとは

html

htmlとはマークアップ言語と呼ばれ、言葉のとおり表示されるテキストに「これはタイトルですよ」というように印をつけていくものです。
そしてWEBサイトはこれで表示されています。現在は「html5」が最新です。
ユーザーにはただの文字列でも「タイトル」とか「文章」って見れば区別がつくのですが、これが検索ロボットには何の文字列だか区別がつきません。それを分るようにマークをしていくのがhtmlの役割なのです。

なぜ必要なのでしょう?

検索ロボットは重要な文字列を優先に検索結果に反映させていきます。それにより検索されたときに上位に出てくる可能性が上がります。そうしたら見てもらえる確率を上がりますよね。見てもらえないと何の意味もなくなってしまいますからw

具体的にはページタイトルが一番重要視されます。しかし、内容の文章が関係のない内容だったら軽視します。
googleエンジンは正式に公表はしていないですがペナルティをつけることもあります。(これはcssによる効果も関連してきます。)

イラストサイトではどこに気をつけましょう?

イラストサイトとしてはどこに気をつけていきましょうかといいますと、一番はイラストですよね。
例えば「初音ミク イラスト」と検索したらどんな画像が検索されるでしょうか?
まず、これはhtml5での画像のタグです。


 <figure>
	 <img src="***.jpg" alt=" 画像の名前 ">
	 <figcaption> 画像の説明文 </figcaption>
 </figure>

figureタグはhtml5からなのであまり使われていないかもしれませんがこれが一まとまりのタグです。
ここでは<img src=”” alt=”画像の名前”>の「alt」という部分がありますが、ここに「初音ミク」と書いておくことです。何も名前のないものでも「alt=””」のように空っぽにしておくのは鉄則となっています。ただ、このようにロボットは読むということを憶えて置いてくださいね。(目の見えない人が使うしゃべるトーカーも読み上げますよ)

最後によく使うタグとして私は<ul><li>タグを紹介しておきます。メニューやイラストを並べたり、また箇条書きなどに使う汎用性の高いタグです。グループでまとめておくイメージですね。順番がある場合には<ul>が<ol>タグになります。


 <ul>
	 <li> イラスト01 </li>
	 <li> イラスト02 </li>
	 <li> イラスト03 </li>
	 <li> イラスト04 </li>
 </ul>

けっこう見栄えに夢中になってしまって意味やルールを無視しないようにしましょう。見栄えはcss(スタイルシート)で好きなように作れますから。

参考サイト

copyright 2017 eo
  プロフィール  PR:無料HP  湯沢自動車学校  ゲーム 制作  IID  中古ホイール 三重  タイヤ 格安  Webディレクター 専門学校  BATTLEZ  秩父自動車学校  水晶  長崎 合宿免許  音楽 専門学校 福岡  ランドクルーザー トヨタ 中古  リノベーションセミナー